福岡で太陽光発電を設置するメリットと市の取り組み

福岡県内には数多くの太陽光発電付きの新築住宅があります

立地や間取りによっての価格変動はありますが、太陽光発電が設置されている新築住宅は多数あります。福岡県内で販売されている住居を確認してみても2千万円台から販売している場所も少なくなく、毎月の家計を補助してくれる設備が充実していると言えます。また屋根に設置するパネルの見栄えを重視したいという方向けに一条工務店のような大きな建築会社は敷き詰め方式を採用しています。もちろん全ての住宅が対象ではありませんが、屋根一体パネルの開発が実現出来た事によってスタイリッシュな住居デザインを可能とさせています。

福岡市の住居型エネルギーシステム支援

太陽光発電システムを住宅に設置する際の補助金支援を福岡市は担っています。発電出力が2kw以上かつ50kw未満であるといった複数の要件はあるものの、対象者には上限20万円分のシステム導入費を提供してくれています。平成28年度の補助金交付申請書の受付は既に終了してしまっていますが、様々なエネルギー対策を計画・実施しているので、市のHPを随時確認しておくのが良いでしょう。

太陽光発電を設置するメリット

システムで発電出来た分を優先的に活用していくので、普段の電気代よりも安くなります。また先述にある通り、県や市で補助金を導入しているので、実際に検討している金額よりも安価に導入する事が出来ます。また何といっても停電時の自動照明が大きなメリットでしょう。予めの設定は必要になりますが、蓄えている電力分を自家発電に回せるので、不安感を取り除けると思います。以上の3点が設置する上で大きな恩恵を感じる部分であると言えるしょう。